読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気象予報士からライター&マーケターに変貌を遂げた男のブログ

天気が好きだが、やっぱり転機の方が好きだ。変化のない人生はつまらない。そんな気象予報士からライター&マーケターへと劇的な変身に成功した男が日々変化する世の中に波乗りし、手堅く稼いで続けるために必須となる「コピーライティング術」と「マーケティング手法」をもれなく紹介していくブログです!

【初心者 必見!】コンテンツ・マーケティングを始めるときに、一番初めに必ずやらないとならないこととは・・・

マーケティング インターネット ビジネス

     f:id:writerkopa8:20160914135905p:plain


あなたがもし、これから情報商材・サービスをつくっていくにあたり、
最初に絶対に行わなければならないことがあります。

これ抜きには利益を稼ぐことはできないでしょう。

最優先でやらなければならないこととは
いったい何でしょうか?

今回はこのことをテーマにお話ししてきます。

今のあなたは個人あるいは組織の中でコンテンツ・マーケティング
行っていくときに、何から手をつければ良いか分からないと
頭を抱えていませんか?

周りにもマーケティングに詳しい人がいない、もしくは、あなた自身の
会社内の人間にマーケティングのことを聞きにくい状況にあることで
悩んでいませんか?

そんな悩みや問題があなたの行動を邪魔するようであっても
もう心配は一切不要です。

これから、私が公開するステップに基づいて、コンテンツ・マーケティング
実践することで、利益を稼ぎ出すことができます。

あなたの会社内での評価が上昇する他、実績を上げたことによる自信が高まる
といったプラスの効果につながるので、まずは一度お試しに読んでみて下さい。


まず、あなたがやらなければならないこととは・・・

「ゴール」と「ターゲット」を明確にすること

です。


ただし、ただ何となく設定したり、やみくもに決めれば
良いものではありません。

利益を獲得できていない企業あるいは個人事業主に多く見受けられるのが
この「ゴール」と「ターゲット」選定を誤っていることです。

時間とエネルギーをしっかり注ぎ込んで、せっかくの進めてきた業務が
すべて水の泡になる悲惨な事態になる危険さえあります。

そんな無駄を自らつくり出すことは何としても避けたいと感じるのであれば、
この先を読み進めてください。

「ゴール」と「ターゲティング」を明確にすることのメリットを
これから公開します。



■「ゴール」を設定する3つのメリット

1つ目に、「そのコンテンツは何のためにつくるのか?」
この目的が明確になることで計画がブレず一貫したものになります。
つまり、手段が目的になることを防止することができます。

2つ目に、一番初めに実践することがハッキリする


3つ目に、各項目ごとに目標を設定することで、計画→実行→検証→行動
PDCA)のサイクルが回りやすくなり、修正と改善がスムーズになります。
その結果、より良いコンテンツが完成し、利益を獲得することにつながります。


企業のマーケティング活動の中で頻繁にあるのが、獲得単価CPA)で
計画~実行までの評価をしていることです。

この部分を評価することで、ゴールまでの道筋にブレができてしまいます。

しかし、ゴールが明確であれば、目的を成し遂げるまでの行動に一貫性をもって
事業活動を行いやすくなります。

ゴール設定を行うにあたり、以下の3つの方法があります。

f:id:writerkopa8:20160914135028j:plain



■ゴール設定に「数値」を導入

これから先、やっていことに対し「数値」を入れることで、
「計画」と「目標」がクリアになります。

仮に、「洋服のネットショッピングサイトで年間1億円の売上を達成したい」
という要望があったとします。

このときに、ゴールとして決める数値のことをKGI(Key Goal Indicator)と言います。

目標売上:年間1億円
目標売上設定後:月30万円の売上アップ
サイト訪問者数:月600人増加

成約率:1%上昇
客単価:500円アップ

*あくまで一例です

この中で出てきました「月600人増加」の部分はコンテンツ・マーケティング
行っていく上で最重要な「見込み客」にあたります。

ここから各項目に必要不可欠な数値を仮説で設定します。

はじめは何から手をつければ良いのか分からない場合がありますので、
そのときは、数値設定しやすい部分から順に実施していくと良いでしょう。

「このくらいの客単価アップはできそうだ」といったイメージ数値を
仮で打ち立てていくことで、何を実行すべきかが明確になってきます。



■問題解消方法

これからは、サイトに来る方へのコンテンツをピックアップします。

あなたの会社が保有しているサービスを利用するかどうか考えている
見込み客の問題を一度、整理します。

この顧客層が抱えている問題を整理して明確にすることで、
ターゲット選定が具体化する他、顧客の問題解決に向けた対策を
打ち出しやすくなる効果があります。

見込み客の問題を洗い出すときに、次の3つのポイントを
意識してやってみてください。

f:id:writerkopa8:20160914135113j:plain



この3点を常に目につくところに置いておくと、いざゴール設定するときに
何をすれば良いか分からずに頭が真っ白になったとしても、あなたを手助け
してくれることでしょう。


今回は、コンテンツ・マーケティングを行う上で、
最初に必ずやらなければならないこと「ゴール編」をお伝えしました。

あなたがマーケティング活動を進めていく中で、
少しでも役立てて頂けますと有難く感じます。

次回は、もう一つの「ターゲット編」をお伝えします。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。